自由時間が手に入り、これからの人生スタートの日、電車に乗ってライブ活動している人達の見学にいきました。

ちょっと生活環境が変化することがあって、自由な時間が手に入るようになりました。

 

みんなはこういう時を迎えると、それまでのあくせくした日常から、どんな日常へ変化していくのかな、と思います。

我が道を探す

 

その後の生き方が、今、一躍「時の人」となった尾畠さんのように「これぞ、我が道」と言えるようになっていくかもしれないと思うと、本気になって模索したいと思ってしまいます。

 

毎日家で寛ぐだけではもったいないですから。彼のようにはできないまでも、何か大事なことに目覚めたり、掴めたら本当に幸せだと思うし、たぶん多くの人がそう思っていると思います。

 

昨日はそのスタートとして、あるライブ活動をしている人達の元を訪問しました。

 

そこは私の住む県の市と、隣の県に行き着く手前にあり、言ってみれば端から端への移動となったのですが、殆ど市内から出ない生活をしていた私には、本当に新鮮な一日となりました。

 

まず、電車に乗っていないので、切符の購入から開始しようと思ったのですが、それ以前に「調べる」ということが大切と気づきました。

 

今はGoogleで地図的に細部の情報まで調べられて、本当に助かります。

 

 

人々の応援も得て


 そこへの道のりを確認し、どういう交通手段に頼るか、乗り換えが必要なのか、また乗り換えする場合、つぎの発車時刻をどうするのか、時間が空いたらどう散策するか、いろいろと頭の体操を兼ねて予行演習ができました。

 

その一日を充実させるために、本当に様々な方の応援を頂きました。途中の駅で食べた熱々の「ドリア」が最高に美味しかったです。