広島の「一蘭」へ行きました

 広島への旅行がてら、ラーメン「一蘭」へ行きました。

 わざわざ広島で「一蘭」を食べることもないだろう、広島でしか食べられないものを食べろよ、という気もしましたが、他に食べたいものもなく、また一蘭は地元にはありませんので、ちょっと行ってみることにしました。

やはり人気店にふさわしきおいしさ

 ネットの評価では、ちょっと微妙みたいではありました。

 有名店だけあって、他の系列店と比べられる部分もあり、またそのレビューをする人々もそれなりの強者レビュアーなのでしょう……結構辛口な意見があるようでした。

 ちょっと不安ではあったのですが、実際行ってみると杞憂でした。凄くおいしかったです。

 私は普通のラーメンにチャーシュートッピング、それからご飯を注文しました。味付けのリクエストは、味普通、ちょっとこってり、麺硬め、唐辛子半分にしました。

 濃厚なスープと硬めの麺が良くあっていました。チャーシューはペラペラした貧相な外見で、一見はがっかりなのですが、麺に絡ませて食べてみるととろけるようで凄くおいしかった。

 ただご飯は失敗だった…というか不要でした。スープがけご飯にしてもさほど感銘は覚えず。これなら麺を替え玉にした方がよかったです。

店は狭くてちょっとお高め、ではあるが……

 ただお店、というか食べる場所は狭かったですねぇ。

 ご存じの人はご存じの通り、一蘭は個人で集中して食べられるよう、カウンター席に仕切りがしてあるのですが、その仕切られた個人用スペースが実に狭かった。

 またお値段はもちょっと高めでした。

 さほど量もないラーメンに少なめのライス、4~5枚のペラペラチャーシューで1300円くらいしたかな?

 これが一蘭のブランド代ってわけか、とも思いましたが、おいしかったことは確かですし、またこってりしている割には食後に胃もたれ等を起こすこともありませんでした。

 やはり原材料の質がいいのだと思います。

 やはりおいしい一蘭、たまには行ってみるものですね。

 次回行くなら、本場、福岡は博多の一蘭を楽しみたいです。